webページの品質が関われる

Google検索を使って検索をしている人は、なにか知りたいこと、見つけたいことがあって、検索をしています。検索している人に「Google検索を使ってよかった」と満足をしてもらうためには、検索結果でその人のニーズを満たす「情報」を提示できるかどうかにかかっています。どれだけ情報が見つかっても、検索している理由が解消されなければ、ニーズを満たせません。
たとえば、カレーの作り方を知りたいと思っている人にとって、カレーに使われる具材や作る手順はわかったけれど、なにをどれだけ入れるのかの「分量」がわからないwebページでは不十分です。
また、カレーに使う具材や手順が書かれているけど、その内容がデタラメでは信頼を得るどころか失ってしまいます。ほかには、どれだけ情報量が十分であっても、わかりづらい、読みづらいwebページはニーズを満たすことはできません。
このように、Google検索を使っている人に十分に満足してもらうためには、そのwebページ(またはコンテンツ)の品質が良質であることが重要なのです。

コメントを残す