Googleが望むことは

SEOに取り組んで行く際にGoogleの検索エンジンを欺く相手として考えるのではなく、お互いに協力し合うビジネスパートナーとして考えましょう。ビジネスパートナーのGoogleがなにを求め、なにを必要としているのかが重要なのです。
Google検索の収益源は「広告」です。検索結果の一部に「広告スペース」を設置して、そのスペースを販売しています。この収益モデルは、Google検索が、多くの人に利用されているからこそ成り立ちます。広告を出す側として考えると、利用している人が少ない、見ている人が少ないところに、わざわざ、お金を払って広告を掲載させ ても効果はありません。
つまり、Google検索の利用者が減ると、広告ビジネスが成り立たなくなってしまいます。そのため、Googleは「Google検索を使えば答えが見つかる」「Google検索は役に立つ」といった検索体験を利用者に提供することで、 Google検索への満足度を高め、より多くの人にGoogle検索を使ってもらえるように努力しているのです。
そのためGoogle検索としては、検索している人の満足度を高められる、Google検索への信頼を得られるような情報を提供してくれるwebページやwebサイトを求めているわけです。

コメントを残す