ペンギンアップデートとパンダアップデート

検索アルゴリズムは、よりよい検索体験を提供するために、頻繁にアップデート(改善)が行われています。過去には「ペンギンアップデート」と「パンダアップデート」と呼ばれるアップデートがSEOに大きな影響を及ぼしました。
「ペンギンアップデート」は 2012年に初めて実施されたアップデートです。このアップデートでは、スパム行為やガイドラインに違反をしているwebページやwebサイトに対して、検索結果での表示順位を下げるようになりました。特に、被リンクの購入や自作自演や相互リンクなどのスパム行為に対するアップデートです。
「パンダアップデート」は 低品質なwebページを検索結果で表示されないようにするためのアップデートで、ペンギンアップデートと同じ2012年に実施されました。 このアップデートにより、検索している人にとって、情報が足りていない、参考にならない、役に立たないwebページは上位表示がされなくなりました。
アップデートは、現在も頻繁に行われています。2017年ロ月には医療や健康に関わるアップデートがあり、医療の専門家による、より信頼性が高く有益な情報が上位に 表示されるようになりました。今後もアップデートはあると理解しておきましょう。

コメントを残す